薬事法飲みやすい青汁

青汁は薬事法、健康食品、医薬品、特定健康保健食品(トクホ)?その違いは?

飲みやすい青汁の効果は非常に多彩です。野菜の酵素などの効果で、体の中をキレイにして、臓器の負担を軽くし、循環器系疾患の予防や、生活習慣病の予防などをすることができます。日本人に多い、脳梗塞の予防につながることもあります。総合的に大きな力を持っているのが青汁なんです。

薬品などとは違って天然の野菜を利用している健康食品なので、定期的に摂取しても、副作用の心配はほとんどありません。非常に便利な存在と言えるでしょう。しかし、青汁の効果を見ていくと、はっきりとどれだけの効果があるのかという、具体的な表記がされていないことがほとんどです。この点について疑問を感じたことがある人も多いでしょう。ここではその点について説明していきますね。

健康食品には、薬事法という法律が大きく関係してきます。健康食品の効能の表記は薬事法によって制限されています。これは青汁も例外ではありません。その理由としては、あくまでも健康食品であって、医薬品ではないからです。医薬品は臨床試験によって一定の効果が保障されていますが、健康食品は医薬品ではないので、臨床試験も行われていません。青汁に含まれる原料の天然成分の効果が青汁に期待される効果ということになります。

一方で医薬品は体に変化を起こさせるために、何らか一定の副作用を伴うことも多くあります。健康食品と医薬品は、必要な用途に応じて、どちらかを適切に使用していくようにしましょう。健康食品と薬事法の中間的な存在として、特定健康保険用食品(通称・トクホ)があります。特定保健用食品になると、健康食品の薬事法の制限は当てはまらなくなり、厚生労働大臣の認可を得て具体的な成分を表示することができるようになります。

一般に青汁は健康食品として扱われています。青汁には副作用の心配はありませんので、自らの体の状態に応じて上手に、無理なく摂取するようにしましょう。

>>飲みやすい青汁人気ランキングはこちら!<<